×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

現状を踏まえて、ライフキャッツとしての活動は休止(解散)することとしました。
具体的に先日のミーティングで話し合った結果救出できる猫がいない今、現在は活動にも限界があり、
多くのメンバーの希望もあって8月いっぱいでの休止・解散を決めました。
また、シェルターは8月31日に閉鎖いたしました。
詳細はLIFE CATS 100 活動ダイアリーをご覧ください。

現在飼い主との窓口となっておられる他団体との協議につきましては、
先方からの協議の申し入れに対して当方が第3者(管理会社、管理組合)の同席の希望を申し入れましたが先方の了解を頂けず
「今回の協議の件、当方からの申し入れを受ける意志ないものとして、なしとさせていただきます。」
と他団体代表からメールにて連絡があり、実現しませんでした。

今後につきましては、個人の集まりであるボランティアたちは解散とし、今後は個人で活動していく予定です。
現在当方で救出し、里親募集している猫たちについては一時預かりさまを窓口として個別に募集していきます。
LifeCatsは事実上休止となりますが、最後の猫が本当の家族のもとで幸せになるまで責任をもって対応させていただきます。

また、解散にあたって支援金のお願いが出来なくなりますが、まだまだ治療が必要な子がたくさんいるため
一時預かりさま個々の判断でご支援をお願いしていただくことになると思います。
その際は今までと変わらぬご支援をしていただければ幸いです。


支援金の収支報告につきましては、9月15日請求を締めとし、9月末までにHP上にて正式に報告させていただきます 。

6月末にSOSを発信し、多くの方に応援ご支援いただき、約50頭の猫が救われました。
もっと多くの猫を救出したかったのですが、私たちの力及ばず申し訳ありません。
そして、一時預かり様のもとにいる猫たちに本当の家族が見つかるまで もう少しご支援いただければと思います。

最後に、皆様からの善意で、私たちが活動することができましたこと、深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。
今後とも暖かい目で見守ってくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

2008年9月9日
LifeCats100
ボランティア一同